日本産業カウンセリング学会 第25回大会

Description

これからのキャリア・カウンセリングに期待されるもの。

~技術革新、社会正義、2020以降の社会を見据えて~

主催 一般社団法人日本産業カウンセリング学会
日時 2020年11月21日(土)・22日(日)・23日(月・祝)

新型コロナウィルス感染拡大予防のため、オンラインでの開催となります。
詳細は大会特設サイトをご覧ください。

<開催にあたって>
第25回大会実行委員長 宮内 正臣
 今回の大会は時節柄原則オンライン開催となります。ITに不安をお持ちの会員の皆様も多いかと存じますが、今後、数回オンラインによる研修を企画中です。ウィズ/ポスト・コロナのなか、今後メンタル・キャリアへの不安を感じる方が増えていくと予想されます。支援者としての私たちが率先し、研鑽していく機会と捉えていただければ嬉しゅうございます。かつて私が師事しましたダグラス・ホール先生がIdentityとAdaptabilityがあれば変幻自在に(プロティアン)に生きていけると仰っています。今一度みなさまのIdentityを確認する機会となれば幸いです。プロティアン研究の田中研之輔先生にもシンポジウムにはご登壇いただく予定です。
 今回の大会は4本のシンポジウム、6本の研修、研究発表、自主シンポジウムを予定しております。
 現在予定しておりますプログラムを少々ご紹介申し上げます。冒頭のシンポジウムは大会テーマ「これからのキャリア・カウンセリングに期待されるもの」に合わせ、国重浩一先生、下村英雄先生に加えて厚生労働省のキャリア形成支援室から、またオンラインカウンセリング事業を進めておられる渋川駿伍氏を迎えます(登壇予定者は変更となる場合がありますことをお含みください)。
 2つ目のシンポジウムは、「働きがい改革としてのセルフ・キャリアドック」をテーマに宮城まり子先生、高橋浩先生をはじめ厚生労働省のキャリア形成支援室、企業の方も迎えて組織と従業員個人のキャリア支援について論じていただきます。最終日のシンポジウムはスーパービジョン委員会、大会実行委員会で詰めております。なお、研究発表、自主シンポジウムは22日、23日の両日を使います。
 また、21日の研修は研究委、研修委、実行委で企画中です。M-GTAを使った質的研究法、心理カウンセリングへの新たなアプローチ、組織に働きかけるナラティヴなど、皆様の普段のお仕事に役立つ実践的、学術的な研修をお届けしたいと考えます。
 本日から10月20日まで研究発表、自主シンポジウムを受け付けます。会員の皆様はもとより、周囲の方々にもぜひご紹介いただければと願っております。オンラインで初めて開催されます記念すべき第25回大会、年に一度のこの大会を皆様とともに、大いに盛り上げていけたらと念じております。ご意見、ご要望がございましたらぜひお寄せください。
 末筆ながら会員の皆様のご健康とご発展を祈念申し上げ、私の挨拶とさせていただきます。

<シンポジウム> (敬称略、順不同)
①これからのキャリア・カウンセリングに期待されるもの
 ~技術革新、社会正義、2020以降の社会を見据えて~
 増田保美、国重浩一、渋川駿伍、下村英雄、廣川進
②働きがい改革としてのセルフ・キャリアドック
 山本浩司、宮城まり子、浅井公一、水野みち、高橋浩、小玉一樹
③キャリア・カウンセリングにおけるスーパービジョンのあり方と課題
 浅野衣子、三川俊樹、南陽子、小澤康司
④企業内キャリア形成の可能性
 ーウィズコロナの今、私たちにできること
 石山恒貴、田中研之輔、宮内正臣

<研修会>
①質的データ分析:M-GTAの3つの要点
②ポリティカリー・インフォームド・アプローチ
③量的データ分析:EXCELでできる簡単な統計分析
④ナラティヴ・セラピーに触れる:関心を持って話を聴くこと、聴いてもらうことへの招待
⑤組織に働きかけるナラティヴ・アプローチ
⑥生活困窮者の包括的支援 ソーシャルワークとの連携(仮)

<その他>
研究発表、自主シンポジウム等、多数予定
Nov 21 - Nov 23, 2020
[ Sat ] - [ Mon ]
10:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
当学会正会員 ¥9,000
非会員 ¥12,000
学生 ¥4,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Nov 20, 2020.

Organizer
一般社団法人 日本産業カウンセリング学会
241 Followers
Attendees
225

[PR] Recommended information